オメガ シーマスタープロフェッショナルクロノ [修理内容:オーバーホール・仕上・切替車・リセットハンマー・クラッチレバー交換]

ブランド名 オメガ
モデル名 シーマスタープロフェッショナルクロノ
型番 2225-80
修理内容 オーバーホール・仕上・切替車・リセットハンマー・クラッチレバー交換
修理料金 ¥54,000-(税込)
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

担当者コメント

今回ご紹介するのはこちら。 
オメガ シーマスタープロフェッショナルクロノ 
2225-80 です。 

手巻しても振っても動かない、ということで内部を拝見。
どこかで作業をしたサインはありましたが
摩耗カスがずいぶんと出ています。
難しく考えなくても”原因は”特定できました。

原因は、ですね。

摩耗カスがひどく出ている時計というのは
当然ながら摩耗している部品があるわけです。
もうちょっと考えると、そんな状態の部品があるって事は
他の部品もダメになっているかもしれないわけですよ!

そんなこんなで今回交換した部品は3点(写真3) 
切替車:今回摩耗カスが出ていた部品。
今回オーバーホールしたCal.7750では
よくダメになる部品筆頭 

リセットハンマー:その名のとおり、リセットした時に
クロノグラフ歯車/ハートカムを叩いて帰零させる部品 

クラッチレバー、切替車、リセットハンマーです。 
クラッチレバー:クロノグラフon/offのキモ、
スイングピニオンを受け止める部品 


↑の部品を交換です。 
切替車はよく交換になります。
リセットハンマーはハンマー部分がガッタガタ。
クラッチレバーはスイングピニオンの軸穴が
摩耗していたので交換です。


このCal.7750、なんでクラッチレバーに穴石が
使われていないのかちょっとキモチ悪いです。
不具合の原因にななる事が少ないあたり
現状で問題ないのでしょうが…

ともあれ、ムーブ全体をしっかりと洗い、
組立&注油して部品交換をすれば調子よく
動くようになってくれました。

オメガ シーマスタープロフェッショナルクロノ オーバーホール・仕上・切替車・リセットハンマー・クラッチレバー交換

  • オメガ シーマスタープロフェッショナルクロノ 修理後の正面

    修理後の正面

  • オメガ シーマスタープロフェッショナルクロノ 5連ブレス、というか9連ブレス

    5連ブレス、というか9連ブレス

  • オメガ シーマスタープロフェッショナルクロノ 交換した部品。左からクラッチレバー、切替車、リセットハンマー

    交換した部品。左からクラッチレバー、切替車、リセットハンマー

ブランド名 オメガ
モデル名 シーマスタープロフェッショナルクロノ
型番 2225-80
修理内容 オーバーホール・仕上・切替車・リセットハンマー・クラッチレバー交換
修理料金 ¥54,000-(税込)
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

担当者コメント

今回ご紹介するのはこちら。 
オメガ シーマスタープロフェッショナルクロノ 
2225-80 です。 

手巻しても振っても動かない、ということで内部を拝見。
どこかで作業をしたサインはありましたが
摩耗カスがずいぶんと出ています。
難しく考えなくても”原因は”特定できました。

原因は、ですね。

摩耗カスがひどく出ている時計というのは
当然ながら摩耗している部品があるわけです。
もうちょっと考えると、そんな状態の部品があるって事は
他の部品もダメになっているかもしれないわけですよ!

そんなこんなで今回交換した部品は3点(写真3) 
切替車:今回摩耗カスが出ていた部品。
今回オーバーホールしたCal.7750では
よくダメになる部品筆頭 

リセットハンマー:その名のとおり、リセットした時に
クロノグラフ歯車/ハートカムを叩いて帰零させる部品 

クラッチレバー、切替車、リセットハンマーです。 
クラッチレバー:クロノグラフon/offのキモ、
スイングピニオンを受け止める部品 


↑の部品を交換です。 
切替車はよく交換になります。
リセットハンマーはハンマー部分がガッタガタ。
クラッチレバーはスイングピニオンの軸穴が
摩耗していたので交換です。


このCal.7750、なんでクラッチレバーに穴石が
使われていないのかちょっとキモチ悪いです。
不具合の原因にななる事が少ないあたり
現状で問題ないのでしょうが…

ともあれ、ムーブ全体をしっかりと洗い、
組立&注油して部品交換をすれば調子よく
動くようになってくれました。