ジラールペルゴ フライバッククロノグラフ・モンテカルロ1973 [修理内容:オーバーホール・仕上・パッキン類交換]

ブランド名 ジラールペルゴ
モデル名 フライバッククロノグラフ・モンテカルロ1973
型番 ref.49585-11-131-BA6A
修理内容 オーバーホール・仕上・パッキン類交換
修理料金 ¥51000-(税込)
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

担当者コメント

今回ご紹介するのはこちら。 
ジラールペルゴ フライバッククロノグラフ・モンテカルロ 
ref.49585-11-131-BA6A です。 

えーーー・・・・
ご紹介の前に一言。 
今回修理後の写真がちょーっと明るく撮りすぎまして
さっぱり比較画像になってませんです。すみません。


・・・・???



さてご紹介をば。
完全な不動状態でお預かりいたしましたこちらのお時計。
内を拝見すると完全に油が切れていました。 
ムーブメントはCal.3000+フライバッククロノモジュ-ル

フライバック。
駆動中のクロノグラフ車をハンマーで
ぶったたく(リセットする)っていう素晴らしく
わかりやすくて、でもいいのかそれって
その機構が好きです。
※叩いてる瞬間はちゃんとクロノ機構への
動力は切っています。 

今回のフライバックに限らず、
塗装針って結構厄介です。
針を取り付ける時は、おおざっぱに言うと
針の仮置き→軸上からそっと力を入れて本留め 
って工程をどんな時計でも行ってます。

が、塗装針。
本留めのとき、塗料がごそっと剥がれてしまう事が...!
力入れないとちゃんと取り付けられないですし、
力入れると塗料が剥がれるかもっていうジレンマ。 

ブライトリング(だったかな?)の修理事例でも
触れましたが、入手できないパーツ&
最後に取り付けるパーツっていうクロノ針。
ミスると今までの作業が全部ムダになるっていう。。。(ヽ''ω`)

今回のお預かりした時計も慎重に慎重を重ねて取付け
無事きれいに作業を終える事が出来ました。 
作業内容はオーバーホールと外装仕上、
特に部品の交換もなく進められました。 

ジラールペルゴ フライバッククロノグラフ・モンテカルロ1973 オーバーホール・仕上・パッキン類交換

  • ジラールペルゴ フライバッククロノグラフ・モンテカルロ1973 修理後・正面。すみません、明るくしすぎました…><

    修理後・正面。すみません、明るくしすぎました…><

  • ジラールペルゴ フライバッククロノグラフ・モンテカルロ1973 修理前・正面

    修理前・正面

  • ジラールペルゴ フライバッククロノグラフ・モンテカルロ1973 修理後・よこから。すみません、あかr…ry。

    修理後・よこから。すみません、あかr…ry。

  • ジラールペルゴ フライバッククロノグラフ・モンテカルロ1973

ブランド名 ジラールペルゴ
モデル名 フライバッククロノグラフ・モンテカルロ1973
型番 ref.49585-11-131-BA6A
修理内容 オーバーホール・仕上・パッキン類交換
修理料金 ¥51000-(税込)
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

担当者コメント

今回ご紹介するのはこちら。 
ジラールペルゴ フライバッククロノグラフ・モンテカルロ 
ref.49585-11-131-BA6A です。 

えーーー・・・・
ご紹介の前に一言。 
今回修理後の写真がちょーっと明るく撮りすぎまして
さっぱり比較画像になってませんです。すみません。


・・・・???



さてご紹介をば。
完全な不動状態でお預かりいたしましたこちらのお時計。
内を拝見すると完全に油が切れていました。 
ムーブメントはCal.3000+フライバッククロノモジュ-ル

フライバック。
駆動中のクロノグラフ車をハンマーで
ぶったたく(リセットする)っていう素晴らしく
わかりやすくて、でもいいのかそれって
その機構が好きです。
※叩いてる瞬間はちゃんとクロノ機構への
動力は切っています。 

今回のフライバックに限らず、
塗装針って結構厄介です。
針を取り付ける時は、おおざっぱに言うと
針の仮置き→軸上からそっと力を入れて本留め 
って工程をどんな時計でも行ってます。

が、塗装針。
本留めのとき、塗料がごそっと剥がれてしまう事が...!
力入れないとちゃんと取り付けられないですし、
力入れると塗料が剥がれるかもっていうジレンマ。 

ブライトリング(だったかな?)の修理事例でも
触れましたが、入手できないパーツ&
最後に取り付けるパーツっていうクロノ針。
ミスると今までの作業が全部ムダになるっていう。。。(ヽ''ω`)

今回のお預かりした時計も慎重に慎重を重ねて取付け
無事きれいに作業を終える事が出来ました。 
作業内容はオーバーホールと外装仕上、
特に部品の交換もなく進められました。