オーデマ・ピゲ ロイヤルオーククロノ41mm [修理内容:オーバーホール、仕上]

腕時計修理内容

ブランド名 オーデマ・ピゲ
モデル名 ロイヤルオーククロノ41mm
型番 ref.26320ST.OO.1220ST.01
修理内容 オーバーホール、仕上
修理料金 ¥83,000-(税込)
※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積り3週間、その後お返事をいただきましてから1.5か月

担当者コメントと修理のポイント

担当者コメント

ご購入から4年ほど、定期オーバーホールのご依頼をいただきました。
APのクロノグラフですね。ムーブメントはだいたい、フレデリック・ピゲベース、ジャガー・ルクルトベース、オーデマ・ピゲ(自社)の3種類に分けられます。

今回お預かりした時計のムーブがコチラ(写真2)で、テンプの横にある刻印がこれ(写真3)。FP=フレデリック・ピゲですね。特徴/私見としては垂直クラッチ方式の採用と、結果クロノグラフ操作時の針飛びが抑えられていること、ローターの留め方、ベースのCal.1185が昔からあるため作業に慣れていることでしょうか。

垂直クラッチや針飛びについては割愛して慣れについて。
これはETA系なども同様、技術者としては作業機会が多くなり、その分勘所もつかみやすくなりますね。依頼者側から言えば作業を断られることが減り、作業自体も安心してご依頼できるのではないでしょうか。
※他店さまのご対応を調べてないので想像ですけれど…

さて、真っ先にチェックするのはローターです。
ローターとベアリングが切り欠きでもって位置固定され、ネジで外れないよう留められています。ですが、このネジはローターと直結しているためか緩みを起こしやすく、結果ローターとベアリングが外れた状態で回転し、擦れてしまいます。

今回お話しした内容がひどくなると高額になりがちなメーカー修理が必要になってしまいます。緩みが出ればすぐわかる程度に音がしますので、気になるようでしたらお気軽にお声がけくださいね。

お預かりしたお時計は部品交換もなく、もともとご案内していたオーバーホール、仕上¥83,000にてお渡しできました。


ご依頼ありがとうございました。



オーデマ・ピゲ ロイヤルオーククロノ41mm オーバーホール、仕上

  • オーデマ・ピゲ ロイヤルオーククロノ41mm 正面から

    正面から

  • オーデマ・ピゲ ロイヤルオーククロノ41mm Cal.2385

    Cal.2385

  • オーデマ・ピゲ ロイヤルオーククロノ41mm ベースはプレデリック・ピゲ

    ベースはプレデリック・ピゲ

腕時計修理内容

ブランド名 オーデマ・ピゲ
モデル名 ロイヤルオーククロノ41mm
型番 ref.26320ST.OO.1220ST.01
修理内容 オーバーホール、仕上
修理料金 ¥83,000-(税込)
※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積り3週間、その後お返事をいただきましてから1.5か月

担当者コメントと修理のポイント

担当者コメント

ご購入から4年ほど、定期オーバーホールのご依頼をいただきました。
APのクロノグラフですね。ムーブメントはだいたい、フレデリック・ピゲベース、ジャガー・ルクルトベース、オーデマ・ピゲ(自社)の3種類に分けられます。

今回お預かりした時計のムーブがコチラ(写真2)で、テンプの横にある刻印がこれ(写真3)。FP=フレデリック・ピゲですね。特徴/私見としては垂直クラッチ方式の採用と、結果クロノグラフ操作時の針飛びが抑えられていること、ローターの留め方、ベースのCal.1185が昔からあるため作業に慣れていることでしょうか。

垂直クラッチや針飛びについては割愛して慣れについて。
これはETA系なども同様、技術者としては作業機会が多くなり、その分勘所もつかみやすくなりますね。依頼者側から言えば作業を断られることが減り、作業自体も安心してご依頼できるのではないでしょうか。
※他店さまのご対応を調べてないので想像ですけれど…

さて、真っ先にチェックするのはローターです。
ローターとベアリングが切り欠きでもって位置固定され、ネジで外れないよう留められています。ですが、このネジはローターと直結しているためか緩みを起こしやすく、結果ローターとベアリングが外れた状態で回転し、擦れてしまいます。

今回お話しした内容がひどくなると高額になりがちなメーカー修理が必要になってしまいます。緩みが出ればすぐわかる程度に音がしますので、気になるようでしたらお気軽にお声がけくださいね。

お預かりしたお時計は部品交換もなく、もともとご案内していたオーバーホール、仕上¥83,000にてお渡しできました。


ご依頼ありがとうございました。