ドライブ ドゥ カルティエについて

高級時計専門店の当店では、今まで数多くのドライブ ドゥ カルティエの時計修理にも携わってきました。その為、当店の時計技術者は修理のみの店舗よりも多くの実績と経験を積んでおり、多様な修理案件に対応しています。是非、安心して当店にドライブ ドゥ カルティエの修理・オーバーホールをご依頼ください。

「本能で生き、自立心が強く、エレガント」な男性に似合う時計をコンセプトとして、2016年に誕生したコレクション「ドライブ ドゥ カルティエ」。袖口に引っかかることのない曲線を1930年代のトレンドだったクッション型ケースでまとめた薄型のデザインが特徴です。自社製ムーブメント「1904-PSMC」を搭載し、シースルーバックから見ることもできる本格機械式メンズコレクション。

シンプルな時計表示のみのモデルから、スモールセコンドに日付を備えたモデル、さらにデイナイト表示とラージデイトにレトログラード式2タイムゾーンを表示できる複雑なフェイスを持つモデルなど、バリエーションも豊富です。

自社製ムーブメントであることはメリットもあれば、デメリットもあります。高額なパーツ交換が発生しないように、早めのサイクルでオーバーホールを行うことでメンテナンスコストを抑えることが可能です。


ドライブ ドゥ カルティエ 修理・オーバーホール料金一覧

ドライブ ドゥ カルティエ 機械式 オーバーホール
自動巻き 30,000円~
自動巻き + GMT/ビッグデイト 33,000円~
自動巻き + パワーリザーブ 35,000円~
クロノグラフ 40,000円~
ドライブ ドゥ カルティエ オーバーホール+外装仕上げ ※革ベルトの場合は仕上げ料金から-2000円となります。
ステンレス・コンビモデル OH料金+14,000円
金無垢・プラチナ無垢モデル OH料金+17,000円
ホワイトゴールド+ロジウムメッキ OH料金+17,000円+メッキ代

※仕上げのみをご希望の場合はお問い合わせください。

Sorry, but nothing matched your search terms. Please try again with some different keywords.

Search Again

ドライブ ドゥ カルティエ 修理実例一覧

表示可能な修理事例はありません。

カルティエの他のモデル

ご依頼方法も様々にご用意しています。
まずはお気軽にご相談ください。

来店で 宅配で 電話で 修理のご依頼はこちら

見積無料

他ブランドページはこちら

これ以外でも受付しております。まずはご相談ください。

注意事項

  • 修理・オーバーホール料金一覧の金額はお見積もり前の概算料金となります(全て税込みです)
  • 実例の料金は事例公開当時の参考価格となります。ご依頼いただく際の料金とは違う場合があります。
  • パーツ交換が発生した場合は「基本料金+パーツ代金」となります。
  • 上記の金額は一例となります、詳しくはお問い合わせください。
  • 製品の防水性能が100メートル以上であっても設備と安全性の関係上、防水テストは100メートルまでしか確認できません。
  • 革ベルトモデルは外装仕上料金が変わる場合があります。
  • 他店購入のお時計がメーカー修理となった場合は、代行手数料として15,000円が加算されます。
  • パッキンを交換しましても、ケース・裏蓋・リューズ・チューブ等の経年劣化によっては製品の新品当時の防水性能を保持できない場合がございます。
  • 時計の状態や部品入手の有無によっては受付をお断りさせていただく場合がございます。
  • ブランド、モデルにより基本料金が異なりますので詳細はお問い合わせください。
  • スプリットセコンド、パーペチュアルカレンダーなど複雑機構モデルはメーカーや構造により料金が異なります。
  • シェル、貴石などの特殊文字盤は別途追加料金が発生いたします。
  • ヨットマスターII・サンダーバード・デイトナ等の特殊ベゼル、ピラミッドベゼルは、仕上げを行いません。
  • セラミック製品、PVDなど特殊コーティング系のベゼル・ケースは仕上げできません。
  • 現行以外30年以上経過した、ヴィンテージモデル等は個別見積もりとなります。
    (ケースの状態によっては防水保証はありません)