IWCの時計修理なら
安心と実績のある当店へ

当店は創業から29年の間に数多くIWCの時計を修理・オーバーホールしてきました。
社内に修理や専門の仕上げブースを設け、社内で修理業務を行っています。そのため外注に頼る他社とは違い、安心でなおかつ安価なIWCの時計修理をご提供しています。開店から29年、渋谷で長く店舗運営している事もあり、多くの方にご依頼をいただいております。

ムーブメント精度調整修理作業
修理作業

年間6000本以上 28年の店舗実績年間6000本以上 28年の店舗実績1年間の修理保証1年間の修理保証WOSTEP認定 時計修理技能士在籍WOSTEP認定 時計修理技能士在籍

高級時計専門店の当店では、今まで数多くのIWCの時計修理を行ってきました。また当店の強味として、国内でも最大級の在庫量を誇る店舗を持ち数多くのIWCの販売も行っています。その為当店の時計修理士は修理のみを受付ている店舗よりも多くの経験を積んでおり、多様な修理案件に対応できます。是非当店にポルトギーゼやマークシリーズが代表するパイロットウォッチ、本格ダイバーズウォッチのアクアタイマーなど安心して修理をご依頼ください。
1868年、インターナショナル・ウォッチ・カンパニーはスイスのチューリッヒ近郊のシャウハウゼンに創業しました。その歴史は150年以上にわたります。IWCのラインナップの中でも特に有名で人気の高いシリーズに「ポルトギーゼ」シリーズやパイロットウォッチの「マーク」シリーズなどがありますが、大げさに主張しないながらも洗練されたデザインで高級感のある佇まいから、昔も今も非常に高い人気を維持しています。その他にも、時計界のピカソと名高いジェラルド・ジェンタ氏がデザインしたことで有名なレーシングモデル「インヂュニア」シリーズや、通常モデルで防水2000mもの圧倒的な性能を誇る本格ダイバーズウォッチ「アクアタイマー」シリーズをラインナップするなど、その技術力の高さは確かなものです。
そんなIWCですが、定期のオーバーホールやメンテナンスを行わず、長期で使用し続ける方、自宅で長期保管されている方もいらっしゃいます。こういった使い方は時計の劣化を早め、最悪の場合修理に出しても直らないケースもあり得ます。大切な時計ですから、「ちゃんと動いているから」と安心せず、定期的なメンテナンスをおすすめ致します。

IWC 修理・オーバーホール料金一覧

IWC クォーツ オーバーホール
3針 24,000円~ (電池交換のみ 2,000円)
クロノグラフ メーカー対応 (電池交換のみ 2,500円)
ワールドタイム メーカー対応 (電池交換のみ 3,000円)
IWC 機械式 オーバーホール
自動巻き 3針 29,000円~
自動巻き +GMT 33,000円~
自動巻き +7Days 46,000円~
自動巻き +パワーリザーブ 49,000円~
クロノグラフ 43,000円~
クロノグラフ + スプリットセコンド 62,000円~
GST アラーム 43,000円~
西暦4桁表示 パーペチュアル 82,000円~
IWC 特殊ムーブモデル オーバーホール
マーク12 35,000円~
インヂュニア 36,000円~
ポルトギーゼハンドワインド 41,000円~
IWC オーバーホール+外装仕上げ
※革ベルトの場合は仕上げ料金から-5000円となります。/td>
ステンレス・コンビモデル OH料金+10,000円
チタン OH料金+17,000円
金無垢・プラチナ無垢モデル OH料金+13,000円
ホワイトゴールド + ロジウムメッキ OH料金+15,000円

ご依頼方法も様々にご用意しています。
まずはお気軽にご相談ください。

来店で 郵送で 電話で 修理のご依頼はこちら

見積無料

IWCのオーバーホール工程

当店は創業から29年の間に数多くのIWC(インターナショナル ウォッチ
カンパニー)を修理・オーバーホールを行ってきた確かな実績があります。オーバーホール作業には専用工具を使用し、交換する部品類もIWCの純正パーツを使用します。アンティークモデルも多く劣化が激しいモデルもある為、一本一本丁寧にオーバーホール作業を進めています。

IWCのオーバーホール工程

1お預かりしたIWCの無料診断

時計修理技能士が内部を確認し、どのようなオーバーホール工程になるのか確認します。
それを元にお見積りを3週間ほどで作成し、まずはお客様に金額のお伝えと、お預かりしたIWCのオーバーホール進行の確認を行います。

2ムーブメントの取り出しと分解

オーバーホールの進行確認が出来ましたらまずは本体を分解していきます。IWCは専用の工具で慎重に裏蓋を開け、ケースからムーブメントを取り出します。ベゼルの取り外しも専用工具が必要です。その後顕微鏡などを使い各部品の摩耗や欠けなどをチェックし、見えない箇所に問題がないか確認と必要があれば調整しつつすべての部品を分解します。

3分解したムーブメントの洗浄

分解した部品には摩耗したパーツの粉や劣化した油などが付着しています。これをしっかりと落とす為、分解したムーブメントの部品を一つ一つ洗浄カゴに入れ超音波を使った部品洗浄機にかけて洗浄します。

4ムーブメントの組立と部品交換をし精度調整へ

分解したパーツの洗浄が終わったら組み立てと必要な箇所の部品交換を行います。交換する部品類はIWCの純正パーツを使用します。ムーブメントのくみ上げ後精度測定器で精度を計測し、精度が日差+10秒以内になるよう最終的な調整をしていきます。この精度調整にもIWCは専用の工具が必要になります。またテンプのヒゲも巻き上げヒゲと平ヒゲが存在し、それぞれ調整方法が違うのもIWCの特徴です。

5ケース・バックル・ブレスレットの超音波洗浄

ケースやバックル・ブレスレットは、業務用の超音波洗浄機にかけて長年蓄積した手垢や錆、ホコリなどの汚れをすべて落として綺麗にします。

6外装部(ケース・ブレス・ベゼル等)の磨き

外装を磨き外装仕上げを行います。不要な場合はこの工程を省くこともできますので事前にお伝えください。

7ケーシングと防水検査、巻上機による精度チェック・持続時間テスト

磨き、洗浄をしたケースに、オーバーホールが終わったムーブメントをセッティングします。防水試験機で防水性が確保されているかチェックを行い
巻き上げ機を使っての自動巻き機構のチェックと、合わせて精度・持続時間テストを行います。

8外装パーツの最終検品・修理完了

最後に内部のごみ、文字盤の確認、ブレスレットやケースのピン や ネジの緩み、竜頭やケース、ガラスにキズがないかの確認など最終的な検品改めて入念に行います。以上でオーバーホール完了となります。
オーバーホール完了品には1年間の修理保証をお付けしております。

9オーバーホール完了のご連絡と時計のお届け

完了のご連絡後、オーバーホールしたIWCをお返しいたします。その際交換したパーツも一緒にお返しいたします。

IWCの主なモデル

これ以外でも受付しております。まずはご相談ください。

ご依頼方法も様々にご用意しています。
まずはお気軽にご相談ください。

来店で 郵送で 電話で 修理のご依頼はこちら

見積無料

ご依頼方法も様々にご用意しています。
まずはお気軽にご相談ください。

来店で 郵送で 電話で 修理のご依頼はこちら

見積無料

注意事項

  • 修理・オーバーホール料金一覧の金額はお見積もり前の概算料金となります(全て税込みです)
  • 実例の料金は事例公開当時の参考価格となります。ご依頼いただく際の料金とは違う場合があります。
  • パーツ交換が発生した場合は「基本料金+パーツ代金」となります。
  • 上記の金額は一例となります、詳しくはお問い合わせください。
  • 製品の防水性能が100メートル以上であっても設備と安全性の関係上、防水テストは100メートルまでしか確認できません。
  • 革ベルトモデルは外装仕上料金が変わる場合があります。
  • 他店購入のお時計がメーカー修理となった場合は、代行手数料として15,000円が加算されます。
  • パッキンを交換しましても、ケース・裏蓋・リューズ・チューブ等の経年劣化によっては製品の新品当時の防水性能を保持できない場合がございます。
  • 時計の状態や部品入手の有無によっては受付をお断りさせていただく場合がございます。
  • ブランド、モデルにより基本料金が異なりますので詳細はお問い合わせください。
  • スプリットセコンド、パーペチュアルカレンダーなど複雑機構モデルはメーカーや構造により料金が異なります。
  • シェル、貴石などの特殊文字盤は別途追加料金が発生いたします。
  • ヨットマスターII・サンダーバード・デイトナ等の特殊ベゼル、ピラミッドベゼルは、仕上げを行いません。
  • セラミック製品、PVDなど特殊コーティング系のベゼル・ケースは仕上げできません。
  • 現行以外30年以上経過した、ヴィンテージモデル等は個別見積もりとなります。
    (ケースの状態によっては防水保証はありません)