パテック・フィリップ カラトラバ [修理内容:オーバーホール・仕上]

ブランド名 パテック・フィリップ
モデル名 カラトラバ
型番 re.5196G-001
修理内容 オーバーホール・仕上
修理料金 ¥50,000-(税込)
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

担当者コメント

とくに気になるところはなかったそうですが、ご購入から数年経つから、とご依頼いただきました。

このref.5196、1930年代のref.96(30mm)からデザインを
引き継いでいて1980年代の3796(30mm)
→1990年代の5096(33mm)→2000年代の5196(37mm)と
少しづつケース径を大きくしてきましたが
変わらないデザインバランスがすてきですよね。 

ムーブメントはCal.215。 
ごくシンプルな2針なわけですが、
ステキで怖いポイントが1つ。
ヒゲゼンマイがシリコン製です。
イジらなくてもしっかり精度が出るのがいいトコ。
何かあってもイジりようがないのが怖いトコ((((;゚Д゚))))

・・・

まぁ、たいてい何事もないんですけどね。

以前、ブログだかこの修理事例でも少し話を出しましたが
シリコンってすごいですねぇ。。。。
メーカーHPを見たら、平ヒゲなのに
”常に同心円性を保持しながら収縮・伸長する”のだそうです。
新しい技術が出てくるのは面白いですが、
手を出せる部分が減るのはちょい寂しいですね(´・ω・`)。

話しがそれすぎました。
さて、そんなCal.215。普通にオーバーホールするだけならば
どうという事もないのです。部品精度がいいですからね、
丁寧にバラして洗って組めばしっかり精度も出てくれます。
今回も油切れ前の定期オーバーホール、ということで
部品交換もなく、むつかしい調整も無しで作業を終える事が
出来ました。 


ご依頼、ありがとうございました!(*´ω`*)

パテック・フィリップ カラトラバ オーバーホール・仕上

  • パテック・フィリップ カラトラバ 正面から

    正面から

  • パテック・フィリップ カラトラバ ナナメから

    ナナメから

  • パテック・フィリップ カラトラバ 修理後の精度とか

    修理後の精度とか

ブランド名 パテック・フィリップ
モデル名 カラトラバ
型番 re.5196G-001
修理内容 オーバーホール・仕上
修理料金 ¥50,000-(税込)
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

担当者コメント

とくに気になるところはなかったそうですが、ご購入から数年経つから、とご依頼いただきました。

このref.5196、1930年代のref.96(30mm)からデザインを
引き継いでいて1980年代の3796(30mm)
→1990年代の5096(33mm)→2000年代の5196(37mm)と
少しづつケース径を大きくしてきましたが
変わらないデザインバランスがすてきですよね。 

ムーブメントはCal.215。 
ごくシンプルな2針なわけですが、
ステキで怖いポイントが1つ。
ヒゲゼンマイがシリコン製です。
イジらなくてもしっかり精度が出るのがいいトコ。
何かあってもイジりようがないのが怖いトコ((((;゚Д゚))))

・・・

まぁ、たいてい何事もないんですけどね。

以前、ブログだかこの修理事例でも少し話を出しましたが
シリコンってすごいですねぇ。。。。
メーカーHPを見たら、平ヒゲなのに
”常に同心円性を保持しながら収縮・伸長する”のだそうです。
新しい技術が出てくるのは面白いですが、
手を出せる部分が減るのはちょい寂しいですね(´・ω・`)。

話しがそれすぎました。
さて、そんなCal.215。普通にオーバーホールするだけならば
どうという事もないのです。部品精度がいいですからね、
丁寧にバラして洗って組めばしっかり精度も出てくれます。
今回も油切れ前の定期オーバーホール、ということで
部品交換もなく、むつかしい調整も無しで作業を終える事が
出来ました。 


ご依頼、ありがとうございました!(*´ω`*)