マリーンダイバー オーバーホール、切替車・2番車・4番車交換

腕時計修理内容

ブランド名 ユリスナルダン
モデル名 マリーンダイバー
型番 ref.263-10-7M
修理内容 オーバーホール、切替車・2番車・4番車交換
修理料金 ¥38,000-(税込) ※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積り2週間、ご返答いただきましてから作業5週間
症状タグ

ユリスナルダン マリーンダイバー オーバーホール、切替車・2番車・4番車交換

  • ユリスナルダン マリーンダイバー 修理後のお時計です

    修理後のお時計です

  • ユリスナルダン マリーンダイバー ムーブメントは Cal.UN026-208444(ベースはETA Cal.2892A2)です。

    ムーブメントは Cal.UN026-208444(ベースはETA Cal.2892A2)です。

  • ユリスナルダン マリーンダイバー ローターにはメーカーロゴが彫られています。

    ローターにはメーカーロゴが彫られています。

担当者コメントと修理のポイント

購入から6年ほど経過し、遅れるようになってきたからと渋谷店へメンテナンスのご依頼をいただきました。

時計はユリスナルダンのマリーンダイバーです(画像1)。
経過年数のわりに傷が少なかったためご使用状況を伺うと、ほとんどご使用になることはなくワインダーで保管されていたそうです。たまにご使用になる際に時間が大幅にズレていることが増えてきたということでした。

普段ワインダーで保管しているのであれば腕に載せていなくとも時計は常に動き続けていたということになります。それも6年間という長期間ですので単純な油の経年劣化に加えて内部の損耗もあるだろうと予想しました。
簡単な動作チェックをするためリューズ操作をしてみると経年によるグリス劣化によりリューズの操作感触に違和感がありました。通常であれば軽く操作できる手巻きと逆転方向に回してもゴムが突っ張るような特徴的な感触があり、非常に操作が重くなっていました。またグリスの劣化による操作の重さを差し引いても手巻きの感触は重くなっており、力のかけ方によっては内部でローターが連れ周りをしている感触があることから切替車の交換が必要となりそうでした。

ムーブメントはCal.UN026-208444です(画像2、3)。
ETAのCal.2892A2をベースにして機能の追加や表示方法の変更をされたムーブメントです。
12時位置にはパワーリザーブ表示が追加されています。ゼンマイがどれほど巻き上げられているかを表示する機構ですが、使用中にパワーリザーブが落ちていれば自動巻きが機能していないか腕の振りが少ないかなどとメンテナンスの指針にすることもできます。
秒針はセンターセコンドからスモールセコンドへ変更して6時位置に移動され、日付けも6時位置に配置されています。
ムーブメント全体には装飾がされ、特にローターには深めの彫り込みでメーカーロゴを装飾されています。

お預かりしたマリーンダイバーは裏蓋を開けた時点で摩耗カスが散っていたため、想定していたよりも多くパーツ交換が必要になるかもしれないと考え、慎重に分解しながらパーツを確認していきました。
するとはじめに想定していた切替車のほかに2番車と4番車もひどく摩耗していることが分かりました。
研磨で対応出来ないかと試してみましたが深く摩耗しすぎていて組み立ててみてもテンプの振り角が低く姿勢差も大きいことから交換は必要でした。

交換パーツの在庫と金額を確認してからお見積りをご連絡し、快くご了承頂けたので作業を開始しました。
パーツを1点ずつ洗浄して劣化した油を洗い流し、組み立てと新しい油を注油、精度の調整を行うと実測テストにて日差+5秒ほどと安定した精度を記録できるようになりました。


M様 ご依頼ありがとうございました。