エクスプローラーⅡ オーバーホール、仕上、パッキン、ガラスパッキン、ゼンマイ交換

腕時計修理内容

ブランド名 ロレックス
モデル名 エクスプローラーⅡ
型番 16570
修理内容 オーバーホール、仕上、パッキン、ガラスパッキン、ゼンマイ交換
修理料金 ¥42,000-(税込) ※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

ロレックス エクスプローラーⅡ オーバーホール、仕上、パッキン、ガラスパッキン、ゼンマイ交換

  • ロレックス エクスプローラーⅡ 修理完了!

    修理完了!

  • ロレックス エクスプローラーⅡ 自動巻き機構うら側。ローター油がぼっそぼそ

    自動巻き機構うら側。ローター油がぼっそぼそ

  • ロレックス エクスプローラーⅡ ムーブを見ると…

    ムーブを見ると…

  • ロレックス エクスプローラーⅡ 舞い落ちるよごれ

    舞い落ちるよごれ

担当者コメントと修理のポイント

前回他店さんでオーバーホールしてから3年、ちょっと調子が
悪いって事で当店にご依頼を頂きました。

ちょっと早いよねぇ、なんておっしゃっていましたが、
3年経過すればなにがあっても不思議ではないのです!
手巻きすれば使えるけれど、腕に付けていても翌朝に
止まってしまうとの事。。。。

たぶんあそこだろうなーって状態を想像しつつ、お預かり後
中を見てみました。裏蓋はずした段階で見える個所、
テンプ油減少や、ムーブ傷もなくパッと見はキレイです。 
うん。パッと見は。 

ですが自動巻き機機構を外してみると、予想した通りの
場所の油が劣化していました(写真2)
ローター油、ぼっそぼそです(正確にはローター芯油ね)

自動巻き機構が起こす不具合は、何度かご紹介したように
切替車の油切れも多いですが、ローター油劣化も多いです。
ローターそのものが大きくて重さのあるパーツですので、
どうしても力がかかってダメになりやすいのだと思います。

キレイな油があっても、大きな力がかかれば軸が軸受に
擦れる事もあるでしょうし、多少なり摩耗すればそのカスは
油の劣化を早めます。

で、さらに。
さらに悪いのはコレ(写真3)

ズームイン!(写真4)


摩耗カスが油を劣化させ、零れ落ちて時計全体に
回ってしまうのです。
これが(も)あるから、何かあった時は部分修理ではなく
全体的な修理だったりチェックがかかせないのですよ!

幸い、今回お預かりしたロレックスはそれほどひどい
状態ではありませんでした。
摩耗の程度は軽く、部品交換もなくオーバーホールと
少しヘタっていたゼンマイ、パッキン類の交換にて
内部修理を終える事が出来ました。 



ご依頼ありがとうございました。

  • 修理担当した時計
私が担当しました

宝石広場修理部スタッフ。時計修理技師。時計修理業界歴約20年。

時計の状態確認/点検/判定/故障個所の修理などの技術的な対応から、接客/見積もりまで幅広く担当。

1つ1つの時計に丁寧に向き合い、お客様のお手元に良い状態でお戻し致します。

是非お気軽にお問合せください。