カラトラバ オーバーホール、仕上

腕時計修理内容

ブランド名 パテックフィリップ
モデル名 カラトラバ
型番 ref.5107G-001
修理内容 オーバーホール、仕上
修理料金 ¥52,000-(税込) ※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積り3週間、その後作業5週間

パテックフィリップ カラトラバ オーバーホール、仕上

  • パテックフィリップ カラトラバ 正面から

    正面から

  • パテックフィリップ カラトラバ 遊星車がうまく動かなくなっていました。

    遊星車がうまく動かなくなっていました。

  • パテックフィリップ カラトラバ 手巻きした時、本来この位置に動きます。

    手巻きした時、本来この位置に動きます。

担当者コメントと修理のポイント

手巻きが出来なくなってしまったということでご依頼を頂きました。
他店でご購入後、長くご使用されていたものの急に手巻きが出来なくなったそうです。ご指摘の症状と手巻きの感触から原因を予想しながら内部チェックを行いました。

写真2と3をご覧ください。
画像中央付近にある大きな銀色の円盤が、2と3で少し移動しているのが分かりますでしょうか。これは遊星車でして、銀色の円盤裏側に歯車が取り付けられているのです。

手巻きをするときには画像3の位置、ローターで巻き上げられているときは画像2の位置に動くよう設計されています。

遊星車が状況に応じて必要な場所に移動し手巻きの回転が角穴車に伝わるのですが、たまに画像2の位置から移動しなくなっている状態を見かけます。

油の劣化や衝撃による油流れなど移動しなくなる原因は様々ですが、リューズからゼンマイまで巻き上げる力が伝わらず、結果として空回りし、手巻きは出来ない状態になってしまいます。
お時計は他の部分を含めて洗浄・注油をするだけで正常な動きをするようになり、オーバーホールと仕上にてお渡しが出来ました。


R様 ご依頼ありがとうございました。