時計修理
スピードマスター

ブランド名 オメガ
モデル名 スピードマスタートリプルカレンダー
型番 ref.3220-50
修理内容 オーバーホール・仕上
修理料金 ¥52,000-(税込)
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

担当者コメント

今回ご紹介するのはこちら。 
オメガ スピードマスタートリプルカレンダー ref.3220-50 
です。 

ベゼルに打痕が入ってしまった…!ということで
ご来店頂きました。 
が、残念なことに打痕が入っているのはベゼルディスク。 
残念ながらパーツの交換でしか対応できず、
また当店では入手もできません。

今回色々お話をしました結果
当初の目的、ベゼルディスク打痕はそのままに
オーバーホール・仕上をご依頼頂きました。

この時計のムーブメントはCal.7751系。 
Cal.7750に月表示・24時間針・月齢を足して
日付がポインターデイトにされています。 
メインの輪列周りは全く同じですが、
表示が変わっている文字盤側は
当然部品構成が違います。

特に気を付けたいのは日送り車。 
日早送り禁止時間帯ってありますよね。
モデルによって大丈夫な時もありますが
このムーブで操作してしまうと間違いなく壊れます。 

ええ、間違いなく( ー`дー´) 

そもそも日早送り禁止時間帯っていうのは
だいたい20:00~4:00の間(モデルによって違います)に
日付を早送りした時

”日付を早送りしようとする力/歯車” 

”日付を普通に回そうとする力/歯車” 

がぶつかってしまう時間帯なんですね。
そのまま操作を続けると、歯車にムリがかかって
壊れてしまう。
大丈夫な時、っていうのはうまく操作の力を逃がす構造が
働いた時なんですが、作っているメーカーでも
操作を避けるように取説に書いてあったりします。

話しがそれました…><

さてこの時計。なんで”間違いなく”壊れるかというと
操作の力を逃がす構造、というのが
そもそもないのです!

それでまぁ、内部を開けてみれば
実際どうだったかが分かってしまうのですが…
この時計の紹介をせねば。


この時計の修理は傷・打痕こそあるものの
大事に使われていたようで
内部のダメージはほとんどありませんでした。
おかげで部品交換もなく、
オーバーホールと仕上にて修理を完了することが
出来ました




・・・紹介分が短いw


  • 修理後。正面から

  • 修理後のブレスレット

  • 修理前のブレスレット。 ヘアラインがだいぶアレ

  • 修理後の全体像。ベゼルディスクの打痕は取れません><

ブランド名 オメガ
モデル名 スピードマスタートリプルカレンダー
型番 ref.3220-50
修理内容 オーバーホール・仕上
修理料金 ¥52,000-(税込)
修理時間 お見積3週間、お返事を頂いてから作業が1.5か月。

担当者コメント

今回ご紹介するのはこちら。 
オメガ スピードマスタートリプルカレンダー ref.3220-50 
です。 

ベゼルに打痕が入ってしまった…!ということで
ご来店頂きました。 
が、残念なことに打痕が入っているのはベゼルディスク。 
残念ながらパーツの交換でしか対応できず、
また当店では入手もできません。

今回色々お話をしました結果
当初の目的、ベゼルディスク打痕はそのままに
オーバーホール・仕上をご依頼頂きました。

この時計のムーブメントはCal.7751系。 
Cal.7750に月表示・24時間針・月齢を足して
日付がポインターデイトにされています。 
メインの輪列周りは全く同じですが、
表示が変わっている文字盤側は
当然部品構成が違います。

特に気を付けたいのは日送り車。 
日早送り禁止時間帯ってありますよね。
モデルによって大丈夫な時もありますが
このムーブで操作してしまうと間違いなく壊れます。 

ええ、間違いなく( ー`дー´) 

そもそも日早送り禁止時間帯っていうのは
だいたい20:00~4:00の間(モデルによって違います)に
日付を早送りした時

”日付を早送りしようとする力/歯車” 

”日付を普通に回そうとする力/歯車” 

がぶつかってしまう時間帯なんですね。
そのまま操作を続けると、歯車にムリがかかって
壊れてしまう。
大丈夫な時、っていうのはうまく操作の力を逃がす構造が
働いた時なんですが、作っているメーカーでも
操作を避けるように取説に書いてあったりします。

話しがそれました…><

さてこの時計。なんで”間違いなく”壊れるかというと
操作の力を逃がす構造、というのが
そもそもないのです!

それでまぁ、内部を開けてみれば
実際どうだったかが分かってしまうのですが…
この時計の紹介をせねば。


この時計の修理は傷・打痕こそあるものの
大事に使われていたようで
内部のダメージはほとんどありませんでした。
おかげで部品交換もなく、
オーバーホールと仕上にて修理を完了することが
出来ました




・・・紹介分が短いw