オイスターパーペチュアルデイデイト オーバーホール、仕上、パッキン・ガラスパッキン交換

腕時計修理内容

ブランド名 ロレックス
モデル名 オイスターパーペチュアルデイデイト
型番 ref.118239A
修理内容 オーバーホール、仕上、パッキン・ガラスパッキン交換
修理料金 ¥48,500-(税込) ※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積り2週間、ご返答いただきましてから作業3週間
症状タグ

ロレックス オイスターパーペチュアルデイデイト オーバーホール、仕上、パッキン・ガラスパッキン交換

  • ロレックス オイスターパーペチュアルデイデイト 修理後のお時計

    修理後のお時計

  • ロレックス オイスターパーペチュアルデイデイト お預かりしたお時計をよく見ると

    お預かりしたお時計をよく見ると

  • ロレックス オイスターパーペチュアルデイデイト 赤丸のところに毛ゴミがありました

    赤丸のところに毛ゴミがありました

  • ロレックス オイスターパーペチュアルデイデイト 修理後キレイに取れました

    修理後キレイに取れました

担当者コメントと修理のポイント

動きが悪くなってきたことと、曜日にゴミが付いているから取ってほしいということでお預かりいたしました。

パッと見だと分かりづらいのですが(画像2)、よく目を凝らしてみますと確かにSATURDAY表記の”T”縦棒のところに毛ゴミがついていました(画像3)。
実を言いますと、こういった混入は過去どんなメーカーでもご依頼を頂いたことがあります。
時計製造時やその後のメンテナンス時などに検品をされていますが、針や文字盤の裏などに隠れて検品をすり抜けてしまう事があるのです。

お預かり時に気を付けたのは、このゴミが塗料に巻き込まれたものかどうかということです。
印刷時に浮遊ゴミと一緒に塗料を吹きつけてしまったり、塗料の乾燥中に付着することがあるようで、塗料の中にゴミが入り込んでいることがあります。その場合、除去するとゴミと一緒に塗料も剥がれ(程度の差はあれ)影響は出てしまいますので、作業前の時点でご案内をしなくてはいけないのです。

今回お預かりしたお時計は塗料の巻き込みではなく混入でしたので、曜日表示には影響なく取り除くことが出来、オーバーホールと仕上にてお渡しすることが出来ました。


K様 ご依頼ありがとうございました。