IWC メカニカルフリーガースピットファイアクロノ [修理内容:オーバーホール・仕上・切替車、ゼンマイ、丸穴車、ローターベアリング交換]

ブランド名 IWC
モデル名 メカニカルフリーガースピットファイアクロノ
型番 ref.IW370618
修理内容 オーバーホール・仕上・切替車、ゼンマイ、丸穴車、ローターベアリング交換
修理料金 ¥65,000-(税込)
※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積3週間、ご返答頂きましてから作業1,5か月

担当者コメント


今回は前回メンテナンスしてから4年、定期メンテをご希望されてお預かり致しました。 
今までにも幾度かメンテをなされていたと伺った話と外観がとてもキレイな事から、とても大事にご使用されていたのだろうと想定して作業を始めました。

さて、あちらこちらで同じことを書いていますが、このモデルで気をつけなければいけないのはブレスレットです。調整用プッシャーが錆びて動かなくなったりポロリと外れてしまったり...。

今回とてもキレイだったので気にしていなかったのですが、実際に触ってみてびっくりです。写真2で3本抜けているピンがありますよね?これ以外錆びついて微動だにしませんでした。

洗浄してみたりかるく叩いてみたりしましたが、一向に動く様子もないので火/熱を入れてどうにか全部のピンを抜き出しました。抜き出したピンは錆びづらいようにピカピカに磨いた後、ブレスとあわせても錆び取り剤に付け込んだあと組み付けました。

外装が汚れもなくキレイなのに、見えない位置は錆だらけ...水洗いでもされていたのでしょうか。日常的なメンテナンスについてはブログでも書いたハズですので、気になりましたらご一読ください。

中はCal.7750系ですね。(写真3)。中の油も劣化/減少(写真4)していて、それなりに摩耗していたため、交換パーツは切替車、ゼンマイ、丸穴車、ローターベアリング交換とすこし多めでした。今までのメンテでは交換パーツが無かったそうですから、部品としての寿命を迎えたのでしょう。
どれだけ大事に使っていても部品は徐々に、使用されただけ、または経過した時間なりに耐久性を落としていきます。今回交換した事でまた長くお使いいただける事と思います。


ご依頼ありがとうございました。

IWC メカニカルフリーガースピットファイアクロノ オーバーホール・仕上・切替車、ゼンマイ、丸穴車、ローターベアリング交換

  • IWC メカニカルフリーガースピットファイアクロノ 正面から。これでまだ洗浄すらしていません。

    正面から。これでまだ洗浄すらしていません。

  • IWC メカニカルフリーガースピットファイアクロノ 出てるピン以外は完全に錆びついてました

    出てるピン以外は完全に錆びついてました

  • IWC メカニカルフリーガースピットファイアクロノ ぱっと見はそれなりに綺麗な内装

    ぱっと見はそれなりに綺麗な内装

  • IWC メカニカルフリーガースピットファイアクロノ ちゃんと見ると劣化・汚れがわかります。

    ちゃんと見ると劣化・汚れがわかります。

ブランド名 IWC
モデル名 メカニカルフリーガースピットファイアクロノ
型番 ref.IW370618
修理内容 オーバーホール・仕上・切替車、ゼンマイ、丸穴車、ローターベアリング交換
修理料金 ¥65,000-(税込)
※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積3週間、ご返答頂きましてから作業1,5か月

担当者コメント


今回は前回メンテナンスしてから4年、定期メンテをご希望されてお預かり致しました。 
今までにも幾度かメンテをなされていたと伺った話と外観がとてもキレイな事から、とても大事にご使用されていたのだろうと想定して作業を始めました。

さて、あちらこちらで同じことを書いていますが、このモデルで気をつけなければいけないのはブレスレットです。調整用プッシャーが錆びて動かなくなったりポロリと外れてしまったり...。

今回とてもキレイだったので気にしていなかったのですが、実際に触ってみてびっくりです。写真2で3本抜けているピンがありますよね?これ以外錆びついて微動だにしませんでした。

洗浄してみたりかるく叩いてみたりしましたが、一向に動く様子もないので火/熱を入れてどうにか全部のピンを抜き出しました。抜き出したピンは錆びづらいようにピカピカに磨いた後、ブレスとあわせても錆び取り剤に付け込んだあと組み付けました。

外装が汚れもなくキレイなのに、見えない位置は錆だらけ...水洗いでもされていたのでしょうか。日常的なメンテナンスについてはブログでも書いたハズですので、気になりましたらご一読ください。

中はCal.7750系ですね。(写真3)。中の油も劣化/減少(写真4)していて、それなりに摩耗していたため、交換パーツは切替車、ゼンマイ、丸穴車、ローターベアリング交換とすこし多めでした。今までのメンテでは交換パーツが無かったそうですから、部品としての寿命を迎えたのでしょう。
どれだけ大事に使っていても部品は徐々に、使用されただけ、または経過した時間なりに耐久性を落としていきます。今回交換した事でまた長くお使いいただける事と思います。


ご依頼ありがとうございました。