ロングアイランド オーバーホール、仕上

腕時計修理内容

ブランド名 フランク・ミュラー
モデル名 ロングアイランド
型番 ref.1000SC
修理内容 オーバーホール、仕上
修理料金 ¥51,000-(税込) ※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積り2週間、ご返答いただきましてから5週間

フランク・ミュラー ロングアイランド オーバーホール、仕上

  • フランク・ミュラー ロングアイランド 修理後を正面から。撮影の際ストラップは外しています。

    修理後を正面から。撮影の際ストラップは外しています。

  • フランク・ミュラー ロングアイランド ラグには飾りネジ用穴とストラップ用穴があります

    ラグには飾りネジ用穴とストラップ用穴があります

  • フランク・ミュラー ロングアイランド 正しい位置に取り付けたストラップ

    正しい位置に取り付けたストラップ

  • フランク・ミュラー ロングアイランド 誤った位置に取り付けたストラップ。赤丸部分に隙間があります。

    誤った位置に取り付けたストラップ。赤丸部分に隙間があります。

担当者コメントと修理のポイント

4年ほど前にもご依頼をいただいた方から、再び定期オーバーホールのご依頼を頂きました。

前回の修理後にストラップを交換されたそうで(当店ではこのモデルのストラップ取扱いがありません)、ご使用頻度が少ないこともありきれいな艶のストラップが装着されていました。(画像では取り外してあります)

フランク・ミュラーのロングアイランドと言えばストラップ取付位置の間違いをよく見かけますのでご紹介します。

画像2をご覧ください。
ラグ裏側に2ヶ所穴が開いていますよね。これは右側がラグの飾りネジの穴で左側がストラップのバネ棒穴です。

もう少し詳しく話しますと、ラグネジはストラップとブレスの時で形状が違いまして、ブレスの時はネジ先端が長く、ブレスに開いた穴にネジ先端が入っていることでブレスを固定しています。
次に左側の穴についてですが、こちらは純然たるバネ棒穴です。

なぜこんな紹介をするかというと、間違えて取り付けられた結果、バネ棒先端がラグネジ後端をつついてネジ緩みを起こし、いつの間にか紛失というご依頼を何度かいただいたからなのです。

内部状態は良好だったので初めにご案内しましたオーバーホール、仕上 ¥51,000にてお渡しが出来ました。


O様、ご依頼ありがとうございました。