ロードスター オーバーホール、仕上

腕時計修理内容

ブランド名 カルティエ
モデル名 ロードスター
型番 ref.W62025V3
修理内容 オーバーホール、仕上
修理料金 ¥38,000-(税込) ※事例公開時の価格となります。
修理時間 お見積り2週間、ご返答いただきましてから作業5週間

カルティエ ロードスター オーバーホール、仕上

  • カルティエ ロードスター 修理後のお時計

    修理後のお時計

  • カルティエ ロードスター ムーブメントはETA Cal.2892A2

    ムーブメントはETA Cal.2892A2

  • カルティエ ロードスター 奥(上)側が4番車、手前(下)側が3番車です。

    奥(上)側が4番車、手前(下)側が3番車です。

担当者コメントと修理のポイント

ご購入から6年経ち、極端な遅れや止まりがでるということでお預かりいたしました。

ムーブメントはETA Cal.2892A2(画像2)。
内部を分解していきますと、3番車と4番車の歯車が当たり、止まりの原因になっていました(画像3・赤丸で囲った歯車が当たっていました。画像は調整後です)。

元々、歯車の取付位置には適度な上下左右の隙間(アガキと言います)があり、歯車ごとに許容範囲が決められていまして、何かの拍子にズレると止まりの原因になることがあります。

3番車と4番車の歯当たりはCal.2892系でたまに見かける症状です。3番車の上方向か4番車の下方向のアガキが大きいと当たるのですね。

輪列アガキを調整するにあたり、歯車を支える受け板が曲がっている事があります。
その場合、受石だけ調整しても歯車軸は受石に斜めに当たり、精度に狂いがでてしまいます。そのため、受石を触る前に受け板の曲がりが無いかチェックし、曲がりが無いことを確認のうえ受石の位置調整を行います。

歯車軸に摩耗などはなく、その他部品の状態も良好でした。アガキ調整はオーバーホールに含みますので、オーバーホールと仕上にてお渡しが出来ました。


U様 ご依頼ありがとうございました。